汚泥から泥土へ。
そして、再生土として市場に返すKMCの汚泥処理

良質な再生土として利用することを目的に
確実な汚泥洗浄ができるKMCの中間処理施設

KMCの中間処理施設は、従来にない乾式分級・選別( 手選別)、湿式分級・選別、湿式洗浄を取り入れた施設です。確実な洗浄能力を持った当施設では、軽量のゴミから大型のがれき・廃プラスチック・木くずなどが入った汚泥であっても土壌環境基準値以下にまで処理し、良質な再生土として利用することを目的としています。

施設概要 〒270-1407
千葉県白井市名内318-5
TEL:047-404-9481
FAX:047-404-9482
敷地面積 2,920.38㎡
操業開始 2018年初頭操業予定
処理品目 建設汚泥・無機汚泥 ※埋め立て基準値以下
処理能力 汚泥 受入能力:600m3/日
磨砕洗浄:600m3/日
固化(洗浄砂):680m3/日
固化(脱水ケーキ):100m3/日
脱水処理:150m3/日
がれき類の破砕:675t/日
廃プラスチックの破砕:21t/日
木くずの破砕:32t/日
産業廃棄物収集運搬
処理方式 磨砕洗浄・固化・脱水・破砕による中間処理
受入時間 24時間
構造・設備の概要 地下式コンクリートピット、磨砕洗浄機、脱水機、破砕機
環境保全対策 施設全周仮設塀、低騒音型重機使用
許認可項目 産業廃棄物処分業(中間処理)

KMCの特徴

お気軽に
お問い合わせください。

建設汚泥の運搬・処理にお困りの方は
お気軽にご連絡下さい。

ご相談・お問い合わせ ご相談・お問い合わせ